読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の人生、満足してるかい。

生き方論~自分らしい人生とはなにか~

【書評】好きな人のために、あなたはどこまで自分を犠牲にしますか

こんにちは、soymilkです。

突然ですが、あなたは好きな人のためだったら、どこまで相手のためにしてあげられますか?

ご飯をおごる、車で送ってあげる、悩みを聞いて一緒に悩んで、同じ時間を過ごす。できることはたくさんあるでしょう。

 

今回紹介する本の主人公は、好きな人のために自分の命を犠牲にしようとします。

しかも、この主人公はなんと小学生。大好きな女の子にためにできることはなにかと一生懸命考えた結果、導き出した答えが自分の命を犠牲にすることだったのです。

今回紹介する本はこちらです

f:id:soymilkboy:20170220133856j:plain

辻村美月 「ぼくのメジャースプーン」 です

僕はこの本を読んで自然と涙が出てしまいました。

主人公は主に二人 「ぼく」と「ふみちゃん」です

「ぼく」の好きなふみちゃんはクラスでの中心的存在。いつもみんなから頼りにされていて、クラスの委員長。そんなふみちゃんの見た目はちょっと地味。藍色の地味なズボンを履いていて、牛乳瓶の底みたいな分厚い眼鏡をかけ、歯並びがわるくて矯正器具をはめている。でも、たくさんしゃべってよく笑う、そんな「ふみちゃん」が「ぼく」は大好き。

しかし、ある事件をきっかけに「ふみちゃん」の笑顔は消えてしまうのです・・

それは、【うさぎバラバラ殺害事件】

「ふみちゃん」が大事に世話をしていたウサギたちが、ハサミでバラバラにされてしまいます。その第一発見者が「ふみちゃん」でした。

「ふみちゃん」は、その日から、人形のようになり、目も虚ろで何も話さなくなってしまいます。

【うさぎバラバラ殺害事件】の犯人はお金持ちの医大に通う学生でした。単純に面白そうだからという理由でたくさんのうさぎを殺したのです。

それを知った、「ぼく」は、「ふみちゃん」のために犯人に復讐を誓います。じつは、「ぼく」には不思議な力があるのです。その能力は「条件ゲーム提示能力」、相手に選択肢を与え、どちらか一方を必ず選択させるという能力です。じつは以前、「ぼく」はこの力を使って、「ふみちゃん」を救ったことがありました。「ぼく」はこの力を使って、犯人に復讐をします。

 

この本を通して、僕は「人は相手のためにどこまでできるのか?」という疑問を投げかけられている気持ちになりました。

愛する人のために何をしてあげれば正解なのか、いや、正解なんてないのでしょう。主人公の「ぼく」は「ふみちゃん」のために何をしてあげられるかを、叔父である大学教授の「秋山先生」と一緒に考えます。その中で、相手に対して復讐をすることがどういうことかを深く考えさせられます。心から反省をさせることが正解なのか、お金を払わせることが正解なのか、痛めつけるのが正解なのか、「ぼく」が最終的に出した答えはいったい何だと思いますか?

小学生の「ぼく」が彼なりに考えだした答えに、強く胸を打たれます。

 

気になった方はぜひ読んでみてください。

Amazon CAPTCHA